2017年03月28日

まちきれず・・・・KSC G19



マルイが発売を発表しましたが、現物を見たら待ちきれず、KSCのグロック19に飛びついてしましました。
こいつは、スライドがHW、フレームがABSで、実銃みたいなバランスが売りのようです。



ま、こことか・・・・



こことかの刻印は残念ですが、マガジンはマグプルタイプのに換えればいいかな。
フレームは、G17のときは、ガーダーから出てたみたいだから、これも出てくれたら交換かな?



ここと・・・・



ここの刻印は、リアルかどうかわかりませんが、気分が出ますね。



さて、シリアルナンバーでもと思ってみてみたら、こんなところにメーカー刻印が。



とりあえず、1マガジン撃ってみて、さっそくこいつらを・・・・
あいかわらず、グロックを持つと上を向く対策として、ガーダーのビーバーテールを。
さらに、動きは快調なのですが、もちっと閉鎖を早くしたいので、プロテックスプリングを。



とりあえず、構えやすくなりました。
スライドは、ちょっと早くなったかな? でも、CXの方がよかったかな? また換えてみるか?

ついでに、すぐ手元にあったX400を付けてみました。が、やっぱ長いか。
これは、XC-1のパチに手を出すしかないかな。
あぁ、ホルスターも考えないと。
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2017年03月12日

A+ AirSoft 魔HOPパッキン



構造が新しくなったらしく、ちょっと気になる感じになったので、逝ってみました。



ちょっと見にくいですが、前側からなんとか撮ってみました。
2段構造になっていて、出口側は2つの角ブロック、入口側は谷型になってます。
弾が、入り口で真ん中に補正され、出口側でストップ、そこからHOPがかかるってことらしいです。



とりあえず、サムライエッジに入れてみました。この状態は、メイプルリーフのIキーも入れた最大HOP時です。
とりあえず、室内レンジで撃ってみましたが、なかなかいい感じに思えました。けっこう素直な弾道でした。
弾に同じところでストップをかけるとなると、ブローバックと相性いいかも?
ライフル用も買ったから、マルイのガスM4に入れてみようかな?
  


Posted by 根無草  at 20:39Comments(0)ガスガン

2017年01月02日

MAPLE LEAF クレイジージェットインナーバレル



気にはなっていたのですが、ようやく入荷していたので、手を出してみました。
MAPLE LEAF クレイジージェットインナーバレルです。



特徴としては、先端がこんな感じで、2重になっています。



で、その内側にはスリットが入れられています。
ここからガスが2重になっている隙間に回り込んで、バレル前にガスのスリーブを作るような感じですかね?
そのスリーブによって、BB弾を引っ張る効果も狙っているようです。



バレルの切り欠きはこんな感じ。
純正より切り欠きが増えてますね。さらに前には、ぐるっと溝がありますが、なんだろ?



とりあえずP226に組み付けてみますが、切り欠きの前側が顔を出しています。
しかし、なんかグラグラします。さらに、少しロールもします。



なんだこれ? と思って、純正とちゃんと比べてみると、切り欠きが太とくて深いですね。このため、押さえきれないのかな?
とりあえず、スリットとスリットの間に、セロテープ1巻きしたら、なんとかぐらつきはなくなったので、それで組み込みました。
撃ってみた感じは、とりあえずいいかな? という感じです。ま、マルイの銃は、基本的にいいですし、室内レンジだと、さほど違いがわかりませんから。
ん~、 MAPLE LEAFから出ているホップチャンバーセットを使えば、もちっと固定できるのかな? でも、メインで使ってるヤツのが出てないんだよなぁ。

  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2016年09月22日

マルイ KSG



KSG、無事に買っとります。で、現状は、とりあえずこんな感じに。
マッドブルから発売予定と発表があったのは、どれぐらい前でしたかねぇ?
そのときから期待していたのですが、マイルの方が早かった。というか、突然でしたね。
ま、カートとか、がスタンの出し入れが大変ですが、その辺は慣れるなり、いじるなりしていかねば。



カートの取り出しに関しては、キャッチである両側のレバーが、もっと外にまで伸びてくれれば、やりやすいような気がしますが、実銃がこうなんでしょう。ま、急な取り出しは必要ないですしね。
真ん中のレバーで、3発6発の切り替えが出来るとただと、面白いと思いますが、位置的にむずいか。



カート式でないと関係ありませんが、ミリブロニュースに出ていたこのミニシェル。なかなか面白いですねぇ。チューブマガジン式であれば、ほぼ倍の装弾数になる。  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2016年08月17日

マテバ買った



再販されて、お店にも入荷したマルシンのマテバです。
前々から欲しいとは思っていたのですが、なにげに高いんですよねぇ。
しかし、KSGとM40用の軍資金を切り崩してまで逝ってしまった。
木グリタイプなんで、ちと高かった。



357MagのXカートリッジ仕様なんで、某架空銃よりいろいろいいです。
ま、残念なところがないわけでもないですがね。



最大のはここ。
見た瞬間から、なんか細いように見えたカートですが、ホントに細かった。
測ってみたら、弾頭部分は9mmなんですが、カート部分も9mmという・・・・
同じマルシンのM36のXカートが入らないという。
ん~
M629は、ダミーカートが入るんですけどねぇ。もったいないっ!
M586のXカートタイプもあるみたいだけど、あっちはどうなっているんだろう?
ここだけリニューアルしないかなぁ?

出来れば、CO2使用で出てくれるとうれしいところですが。
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2016年03月03日

タナカ S&W M442 センチニアル エアーウェイト HW



代理出品していた、高額な光学サイトと、けっこう化けたGBBのおかげで、逝くことが出来ました。
タナカ S&W M442 センチニアル エアーウェイト HWです。
実銃では、鉄製のM40をアルミで作ったというM442ですが、こいつは”ライトウエイト”なのに”ヘビーウエイト”。軽いのに重いという、なかなかややこしい商品名です。
もともとM49の方が形は好きだったのですが、最近、こちらの方にはまってしまいました。



刻印もちゃんとしてるようですね。前のバージョンは、がっかりだったようですが。
エアーウェイトとS&Wのロゴは、プロントなのかな? レーザー刻印なのかな?



箱側面のタグも、こんな感じで雰囲気がいいです。



で、先行で入手していたこいつにIN!
専用なのでピッタリですが、ピッタリすぎて、真っ直ぐ抜いてやらないと、抜けにくいです。
フ、フフフフ・・・・いいですなぁ。
ホントは、バレルを換えてやりたいのですが、手に入らないだろうなぁ。



で、さらに、こんなのも逝ってしまいました。売り上げからすると、ちょっと足が出てますが。
これについては、また今度。
  


Posted by 根無草  at 20:02Comments(0)ガスガン

2016年01月31日

シティーハンターのてっぽう



買っちゃいました。
新発売となった、タナカのパイソン4インチです。
HWでRモデルとして、リニューアルされた物ですね。
ん~、やっぱパイソンは、4インチがいいですねぇ。
次に発売される3インチも、昔は好きでなかったけど、最近の広告写真を見てると、ウズウズしてきます。
パイソン4インチというと、シティーハンターの影響が大きそうですが、私は、それ以前から好きでした。たぶん、作るモデルガンとかで見たんだと思うのですが、その頃は買えなかったんですけどね。品切れ状態だったから。他の銃を買って、そのパッケージに出ていたのをみて憧れていたという。
まぁ、就職してからは、いくつか買ったことはあるんですけどね。スイングアウトできないタナカのガス・パイソンとか、マルイのとか。
その頃は、パイソンを握ると指の関節がトリガーガードに当たって痛かったのですが、こいつは痛くなかった。ガスタンク位置の違いなんでしょうけど、グリップの形が違うんでしょうかね。



で、純正の木グリップも。
画像だと色味がどんなに表示されるかわかりませんが、自分の好みより、ちょっと白いというか黒いというか。
なんか、コーティングしてないらしいという話なので・・・・



こんなん買ってみました。ワトコの木を染める?オイルです。
赤っぽい色にしたいので、チェリーとマホガニーをとりあえず購入。



で、ホームセンターで適当に買った板に試し塗り。
Cがチェリーで、Mがマホガニーですが、マホガニーの方が赤いですかね。
塗り方を調べても、いろいろ違いがあるので、どうやったらいいのか検討中ですが、のんびりやっていきましょう。

まぁ、この染めるのが、すげぇぇぇやりたかったとかは、極秘です。



・・・・・チェリー・・・・錯乱坊・・・・・
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2016年01月10日

まぁ・・・・



予定通りですよ。
正月の売り上げも、予定通りだったし。
・・・・でもすぐ、またオオモノが・・・・  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2015年06月24日

antifreeze cylinder bulb




ちょっと前ですが、お店にこんなのが入荷してました。
antifreeze cylinder bulbって書いてあります。抗寒飛鏢とも書いてあります。
これはマルイのグロック用ですが、他にもいくつかありましたね。
ま、寒さ対策の、負圧切り替えのシリンダーバルブってことなんでしょう。



中身はこんな。材質的には、アルミでしょうかね。
カップ状になっていてる感じですね。



さて替えようかと、グロックバラしてみたら、ロケットバルブが入ってた。
ん~、中いじってあったの忘れてたなぁ。ま、とりあえず入れ替えてみました。

で、撃ってみた感じですが、正直、よくわからん。
1マグ連射したときの、作動のヘタリが、ちょっとは遅くなったかなとも思えますが・・・・
その内、誰かに撃って試してもらうかなぁ。

  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2014年07月29日

ダブルボアバレル その後・・・・



ちょっと間が空きましたが、KSC HK45に組んだダブルボアバレル、試してみました。
組み込み自体は、ちょっと面倒というか、危なげなところもありましたが、あぁ、ニューHOP機構、こうなってるんだぁ~なんて思いつつ、サクッと交換。
で、屋外で試し撃ちしてみたのですが、G&G 0.25gバイオ弾でやったところ、HOPゼロでも舞い上がっていきました。
ん~、0.28gとかじゃないとかぁ? とも思ったのですが、普段使わない弾に合わせても仕方がない。というか、HOP切ってこれでは、使い物にならない。

さて、どうしよう・・・・・
HOPが強すぎるということは、HOP山が出過ぎているということ。
マルイ電動のように、予備が簡単に手に入るならともかく、ラバーチャンバーをイジル気にはならない。



バレルのHOP窓が深すぎるのかと、矢印部分にアルミテープを貼ってみましたが、粘着が弱く、ラバーチャンバーをかぶせると、ずれてしまう。
ん~、コテ先の誤魔化しは通じないか・・・・



しょうがないので、このHOPをかけるテンショナーの、矢印部分、調整用のアジャストリングによって押されるところを、ちょっと削ってやりました。
まだちょっと強めですが、HOPゼロでほぼ舞い上がらなくなりました。
もちっと削ってやればいいかな?

  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2014年07月21日

WE MSK のブローバック対策



WE MSK、ぶーローバック時、ボルトがストック基部にぶち当たり、破損するという心配がされています。
しかし、対策品が出たという話とは聞きませんねぇ。
ブログで、スプリングを仕込んだりというのは見かけましたが。



赤丸で囲んだところが、ボルトのぶち当たるところです。
樹脂製なので、やっぱり心配です。
ここにクッションゴムを貼ったりしたのですが、やっぱり剥がれてきます。



で、ホームセンターをふらついていたら、こんなのを発見。
床の傷防止のため、パイプイスの足にはめるものです。
丁度、こんなキャップ状のものがないかと思っていたのですが、イメージ通りです。



こいつは、中に金属ワッシャーのようなのが入っています。これで、破れにくくしているようです。



で、これをかぶせてやりますが、ちょっと緩いので、アルミテープを巻いてやりました。
ボルトストップもかかるし、とりあえずは問題ないようです。

ん~、4個入りだから、まだ余るな・・・・・
  


Posted by 根無草  at 08:20Comments(0)ガスガン

2014年07月20日

マルイ ソーコムのマガジンが来た



マルイ ガス・ソーコムのジャンクマガジンが2本、やってきました。
ガス漏れしてるから上げると言われて受け取ったのですが、とりあえず、あっさり治りました。
漏れていたのは、底板のとこの角パッキンからでした。
ここ、よく漏れるとこですよねぇ。シールテープをパッキン下に一巻きして、治りました。
他のマルイのガスマガジンは、底板をネジ止めしていますが、ソーコムはピン留めですねぇ。
いまだに人気機種ですが、モノは古いですからねぇ。マガジンのリニューアルとか、ないでしょうねぇ。  


Posted by 根無草  at 20:39Comments(0)ガスガン

2014年07月14日

ダブルボアバレル入れてみた



ぢつは、発表されたときから気になっていたものの、すっかり忘れていた、セレクトGUNショップ「ソルトヒップ」のダブルボアバレル。
値下げ記事を見かけ、慌てて落札してみました(ヤフオクで)。



届いた”ブツ”はこちら。KscのHK45用です。
このバレル、入り口が狭くで、出口側が広くなっているというものです。
KMのラージボアバレルと、根本的な構造は同じなんでしょうが、こちらは初速向上をうたってますね。
整流効果で、精度アップも望めるかと思っているのですが、まだ長距離では撃ってないので、次の週末まで持ち越しです。
精度アップが望めるのであれば、あれもこれも・・・・と、妄想が膨らみます。

ん~、初速向上ってことなら、電動ハンドガン用とか、あれば面白そうですけどね。  


Posted by 根無草  at 20:15Comments(0)ガスガン

2014年04月03日

マルシン M629 HW



いゃ~、買っちゃった。買っちゃった。久々のリボルバー。
マルシンのM629クラシック 6mmXカートHWモデルです。
色からすれば、M29クラシックになるんでしょうが、刻印が・・・・というのは、よく言われる話ですね。
ほんとは、M586の4インチが欲しかったのですが、バレル正面が残念なことになっているので、形の似ているこちらに。
特別表記はないですが、5インチですね。
リアルさから言えば、タナカのがいいんですが、やっぱりカート式が欲しい。

一応、可変HOPも付いてるし、そこそこまとまってくれそうだし、いずれ、ゲームで使ってやろう。



勢いついでに買ったダミーカートと。
左がXカートですが、ちょっと長いんですね。

  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2014年02月02日

WE MSKにスコープを・・・・



載せました。TR-Xファルコンです。
手持ちで余ってたマウントが低かったので、モッジの30mm径で一番高い20mmのを取り寄せてもらったのですが、まだちょっと低いです。
25mm~30mmぐらい欲しいところですねぇ。

TR-Xファルコン、前は何に載せてたっけか? 確かSCAR-Hに載せてたのを外して、FNCに載せたんだっけ?
こいつ、スコープとしては、ものすごく好みなんですが、調整ダイアルが長いというか、高いのがイマイチなんですよねぇ。
SCAR-Hぐらい長いといいんですが、このサイズではなぁ・・・・
まぁ、使うのはまだ先だから、ボチボチ考えていきましょう。

  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2014年01月29日

WE MSK CQBバレル来ました




先にハンドガードが来てましたが、ちょっと遅れてバレル来ました。10.5インチのCQBサイズですね。
これもまた漢字が・・・・



中はこんな感じです。
金額的には、けっこういい値段でしたが、ま、フルセットですからねぇ。あ、でも、ハイターはないか。
真ん中のTAN色のパーツ、ある方のブログで、黒のつもりで頼んだらこれが来たとか、私のも、特に指定しなかったらこれが来たとか言われたんですが、黒はないんですかね? ま、私のは同色だし、黒だったとしても気にならないけど、その方は、塗られたようです。



サクッと取り付け・・・・と行きたかったのですが、ロックのネジ部分の作りが甘いというか、傾斜が緩いというか、まだガタツクなぁと思って、PTSやA&Kと同じつもりで回したら、急にテンションがなくなってすっぽ抜けた。
そういえば、銃本体の箱の中にワッシャーがあったなぁと、1枚入れたら、ガタツキもなくなり、固定出来ました。
ん~、16.5インチだと長すぎましたが、これだとちょっと短いかなぁ? このままのスタイルだったら、12インチぐらいのバレルがいいかなぁ?



とりあえず、ノーブランドのAACタイプサプレッサーを付けてみました。
ハイダーはWE純正ですが、取り付け可能でした。でも、出来れば本体と色を揃えたいなぁ。
そ~いや、PTSのAACサプレッサー、ライトウエイトってのがあるんですね。
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2014年01月24日

注入バルブ交換



まだまだベストシーズンは、遙か彼方ですが、今のうちにと、WE ACRの注入バルブを日本仕様に交換しました。
ま、それだけなんですけどね。
ん~、M4マガジンも使えるし、何本かあるけど、やっぱもちっと、PMAG欲しいなぁ。
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2014年01月20日

こんなんも来ました



正月のお宝市のあたりで、いろいろあって、こんなんもウチにやってきました。



しか~し、すでにこんな姿・・・・・
10インチのスタイルは、あまり好きではないので。



で、こんなことに・・・・・
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2014年01月15日

WE ACR(GBB)ハンドガード



頼んでいたモノが届きました。樹脂製のハンドガードです。しかし、けっこういい値段だったなぁ。



本体の箱にもありましたが、また謎の漢字が・・・・
日本版だけなんですかねぇ? しかし、なぜこの漢字が・・・・



中身はこんな感じ。
セットピンと、QDスリングリングの受けが入ってます。
ハンドガードのいろは、ちょっと暗めですかね。



このレシーバと噛み合う部分が、PTS MASADAのより細ですね。
この辺りが、加工すればPTS物もが付く付かないって話の元なんですかね? 場所的に削りにくいところですからねぇ。



で、取り付けてみました。
ん~、バレルが長い。
ま、専用品なんで、取り付けで来て当然なんですが、かなりキツイですね。本体差し込みつつ、押し広げるようにして、何とか入った感じです。
そのためか、まったくガタツキがありません。リコイル対策ですかね?
QD受けは、いったん本体のネジを外して付けるのですが、ネジ止め剤が強くて、中々外しにくかったです。



こいつはストリームラインバージョンと同様に、フロントサイトがないので、こんな感じになります。
そうそう、前に買ったMBUS PROは、こいつに付けてあります。思いっきり低くなりますね。



リアもこんなに低く。
ちょっと色味が違いますが、前部塗り直すかなぁ?



WEのGBBなんで、他のマガジンが使えるか実験です。
とりあえずM4ノーマルタイプ。
問題なく入って使えますね。ストライクアームズさんとこでも、これは検証済みでしたが。
ちょっとマグキャッチがかかりにくいかな? 特にガタも大きくないですね。



続いてPDW用。
入りますが、かなりキツイです。でも、使用可能でした。ん~、かなり薄く見えますね。実際薄いですが。
これをM4に入れると、ガタガタなんですが、まったくきつくて動きません。



なんで? と思って確認したら、この部分が接触してますね。
両サイドは隙間がかなりあるので、この部分だけでガタ留めになってるかんじでしょうか。
他のマガジンとの兼ね合いもありますが、調整は可能でしょうね。

さて・・・・
CQBバレルセットも頼んであるのですが、まだ来ていません。
いい値段するんだろうなぁ・・・・
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

2013年12月31日

WE MSK GBB



予定通りではあるのですが、やらかしました。WE MSK(GBB)刻印なしです。
お店に各色1本ずつ入ったのですが、TANの方は、入荷のとき、その場で売れたとかで、見ることのできたのは黒だけでした。
TANの方がいいんだけどなぁ・・・・と、一旦は流したのですが、どうせ色を塗り替えるつもりだったから、黒でもいいっ! と、お金を握りしめて、お店に突撃したら、売れていた(..、)
まぁ、限定品というわけではないので、また入荷するとは思うのですが、辛抱たまらず、通販しました。
局留め着払いにしていたので、本来ならサクッと届いてもいいのですが、なぜか”調査中”とかで届くのが遅れました。別の営業所にでも回ったのかな?
そのおかげで、ちょっと大変なことに・・・・・



さて、このWE MSK、要するにMASADAな訳ですが、レミントンタイプのRASになっていますね。フロントサイトも本体になく、アッパーレールが少し延びています。
しか~し、このRAS、私は好きではないんですよねぇ。もちっと長くて、ガスブロックがもっと隠れてくれれば・・・・
PTS AEG MASADA用のハンドガードが、ちょっとした加工で付くらしいとのことなので、手を出すきっかけになったのですが、純正で樹脂のMASADAハンドガードが販売されましたね。バレルセットも、CQBとスナイパーの2種類が販売されました。
とりあえず注文しましたが、いつ来るかなぁ。
バレルも、16.5インチという、今までのMASADAにはなかったサイズですね。ん~、ロングハンドガードとか、似合いそうだなぁ。



ハイダーは、こんなのが付いてます。
SCAR用として出てるサプレッサー用のに似てますね。というか、どこのやつだか、サプレッサーが付けられるとか見たような気がします。



付いてくるサイトは、刻印なしですが、TROYタイプですね。



マガジンはP-MAGですが、底板はこんなになってます。 後ろの穴のなかに、ガス注入バルブがあります。注入バルブは、海外仕様なので、ガス注入音がしませんね。そのうち換えてやるかな。
で、真ん中のパーツを押すと・・・・



底板が外れます。
こうなるってことは・・・・



こうできるわけです。
ちょっとレンジャープレートの色が違いますが、いずれ合わせましょう。
こうすると、ガス注入工が塞がるという問題がありますが、毎回ずらせばいいだけですね。

とりあえず試射してみましたが、この寒い中、きちんと動きますね。ブローバックが、ものすごく遅くなっても、ボルトストップしました。
ん~、すごい。
ブツが来れば、バレルとハンドガードが変わりますが、他にもいろいろやらかしていきましょう。
・・・・資金作りのため、RASは売るかな・・・・
  


Posted by 根無草  at 20:00Comments(0)ガスガン

アクセスカウンタ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
オーナーへメッセージ
< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
根無草
根無草
自他共に認める怪しくて危ない奴
日々、フラフラしまくり毒素を撒き散らす人畜有害根無草
趣味・興味のあることは多い。が、実益に繋がっていない(・_・、)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです